« 今年も・・・・・Part2 | トップページ | 想像力、そして希望。 »

2007年1月 6日 (土)

手相。

新春早々、いつもお世話になっている私にとってはmentorとも言うべき方と、同窓の友人と、3人でランチをご一緒した。

ゆっくりお話しするのは初めて、しかも私を除くふたりは全くの初対面。にもかかわらず、なごやかで楽しいひとときだった。昨今の大学を取り巻くあれこれに始まり、日常の出来事に至るまで、話題はあっちこっちに飛びつつの3時間。

そのなかで、mentorさんが私の掌に目を留められたので、見ていただいた。

しげしげと見つめること30秒。

で、出たひと言が、「アナーキー」。

うっそ~~?!

でも友人は、「そりゃそうでしょ」という顔でニヤニヤ笑ってる。

mentorさんによれば、昨今は45歳位からが漸く大人の仲間入り。つまり今までは、長~い修行期間。そしてまさにこれからが、本領?発揮となるそーな。

にしても、「アナーキー」ですぞ。

はてさてどんな展開が待ち受けているのやら。

不安より、思わずワクワクする私はやっぱり・・・・・・・なのかもしれません。

(注) 「mentor」とは「賢明で信頼のおける助言者」の意。

「mentor」を辞書で調べたら、「大学の指導教員」という意もありました。でも、本来の意の役割を果たせる教員はなかなかいませんね。ちなみに上記の方は、その意味でもまさに「mentor」であり、現時点では、本業副業いずれにおいても、残念ながら占い師でさんはありません。念のため。

|

« 今年も・・・・・Part2 | トップページ | 想像力、そして希望。 »

コメント

とっても素敵な時間をすごすことができて嬉しかったです(^_^)
しかし、手相、衝撃的でしたね、お互いに……。これからますます刺激的で楽しい毎日が待っているということでしょう。楽しまねばなりませぬ。
女難の相、本当なのかな?

投稿: Qちゃん | 2007年1月 8日 (月) 15時30分

書き込みありがとうございます。
手相も人相も外に表出した身体による統計学ですからね。
結構説得力を感じますね(^_^;)
まぁもちろん、必ずそうなる、ではなく、そういう傾向が見られる、ということなのでしょうけれど。
それにしても、「女難」とは穏やかではありませぬ(*_*)
思っているとそうなってしまうので、ここはいったん忘れて頂いて・・・・・・
なぁーんて、そもそも無理か(@_@)

投稿: センツル | 2007年1月 8日 (月) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も・・・・・Part2 | トップページ | 想像力、そして希望。 »