« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月19日 (火)

久々の更新です。

お盆も過ぎ、夏の疲れの出る時節、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

私は、そこそこ充実した日々を送っております。やることが多くて楽しいけれど、慌ただしいです。

ところで先日、益若つばさチャンという女性の特集番組を見ました。娘が珍しく、「「情熱大陸」(TBS/日曜夜11時~11時30分放映)見なくっちゃ」と言うので、後学をかねて。

ご存じですか? 益若(ますわか)つばさチャン。

『Popteen』という雑誌に読者モデルとして登場後、10代のファッションに興味のある女の子たちから圧倒的な支持を得ている現在22歳(夫ひとり・息子ひとりアリ)のファッションモデルです。結婚&出産後、主婦業と子育てに専念しようと『Popteen』のモデルを卒業したものの、ファンの強い要望を受けて復帰。いずれの事務所にも所属せず、フリーで活動しています。

彼女が身につける洋服やアクセサリーはあっという間に売れ、ヘアやネイルはすぐに話題となってサロンで真似される。その経済効果は100億円に及ぶと言われていて、「エビ売れ」(←「エビ」とは蛯原友里さんのこと)を文字って「つばさ売れ」と呼ばれているそうです。

「情熱大陸」で彼女を見るまで、その名前も容姿も私は知らなかったのですが、ナレーションでも流れていたとおり、「この22歳、侮れないな」というのが正直な感想。生活も、見た目に反して?いたって堅実。手狭な台所で精米したお米を炊きながら、冬瓜の煮物なんぞをササッと作るところなど、なんとも手慣れたものです。

読者モデル出身ということもあり、彼女は自分の着たいものを明確に示すことができる。着せられているのではなく、自分の意思で選び、着ている点に好感が持てます。身長150㎝というのは、私もさほど変わらないのでよく分かるのですが、既製服の場合、サイズ的に選択肢が少なく、結構難しいのです。だからこそ、彼女は彼女なりに、工夫する必要があったわけです。

自宅の部屋の鏡の前で、段ボールを敷いた上に靴を履いて立ち、全身のバランスを見るながら数センチ、いや数ミリの違いをチェックする彼女の姿は、10代のオシャレ好きな女の子たちにはとても身近です。

今はまだ、モデルとして出ているけれど、それはある意味、自身のブランド力を付けるための活動であって、いずれは作る側になりたいという将来設計もバッチリ。堅実+好きこそものの上手なれ、であります。

私の頃とは異なり、(当たり前か)、今は10代の女の子たちが、そこそこ安い値段であれこれのオシャレが楽しめるようになっています。たまに10代の女の子向けブランドを覗くと、「その格好で外を歩くの?」と思うような、お姫様風アリ、露出系アリの店員さんたちに思わずビックリですが、でも彼女たちの接客態度は決して悪くありません。一生懸命で、好感が持てる場合の方が多いです。

先日村上龍サンが、戦後ファッションの世界で日本発といえるのは、女子高生のルーズソックスくらいではないのか、と言っていましたが、当たらずといえども遠からずという気がします。

このところ、仕事の合間に見ているのは、安室チャンのベスト版PV。格好良いし、可愛いし。小室さんのプロデュースを離れて、自分の歌いたい歌を歌い踊るようになってからの方が、断然イイ! 30歳を過ぎても、女の子たちに支持される理由がよ~く分かります。そして、いま安室チャンのベスト版を購入しているのは、かつてのアムラーだけでなく、もっと広い層です。

自分の道を極めようとしている女の子たち。侮れません。

| | コメント (4)

2008年8月 1日 (金)

今日から8月。

なかなかブログの更新ができずにいますが、結構それなりに元気に過ごしています。

7月は、とくに刺激的な出会いがあり、「教師」という仕事について、改めて考えさせられました。

教師としても、研究者としても、私はプロになりきれていないなぁ、と思いつつ。とはいえ反省だけならサルさんに任せておけばそれで良し。

人として生まれた限りは、より良い生き方を考えなければなりません。

もしかしたら、徹しきれないその先に、第3の道があるのではないか?! どうせなら、思いっきり飛んでる妄想を、現実に育てるというのも一驚、いや、一興かもしれません。

| | コメント (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »